ウェブサイトを触る人向け 2016年に”流行るべき” プログラム言語を勝手にランキング

2016年、流行るべきプログラミング言語はこれだ!

東京ウェブコンサルタントのぼんどです。

シルバーウィークみたいですが、みなさん遊びに行かれていますか?僕は遊びたいです。つまり、遊べてません…苦笑。今年もあと2ヶ月ちょっとというところですねー。2015年も終わりに近づいた時期ですし、来年辺りに “流行る” いや、”流行るべき”言語を紹介したいと思います。プログラミングしたことない人も、言語に少しでも触れてみてもらいたいという記事ですので、知識がない人向けの記事となります。バリバリのプログラマーの方向けの記事ではなく、少しウェブサイトをカスタマイズする人や、ウェブコンサルタントの方向けのプログラミング言語という内容ですね。

勝手にランキングいってみましょう!スクリプト言語多め。というか全部スクリプト言語。先に謝らせてください。2016年というワードに新しさを求めて来られた方、申し訳ありません。新しい言語はここで紹介してません。

 

トップ3位!PHP言語

php

「今更PHPって訳わからないし!新しくないし!」「なんで今さらPHPやねん!Rubyでしょ」

そんなこという人いませんよね? まだPHPを触れないという方は今後も必要になる場面が多いですし、勉強しておくことをおすすめします。「PHPって何ができるの?」って、気になる方には、何でもできます。と答えています。「但しウェブ限る!」ですね。速さでいうと、コンパイル型の言語に劣る部分はありますし、はたまた「JavaScriptの方が速いじゃん」なんて方もいるかも知れません。しかし、なんと行ってもデータベースを利用して便利なサイトを作りたいなーと考えているならまずは多少の知識はいれておいて損はないかと。

最近ではウェブサイトを作るときにWordPressを利用している方、多いと思います。WordPress自体、PHPを利用して、データベース使い倒して組まれていますから、中身を眺めているだけでも勉強になるかと思います。

PHPを書けるようになったら、自分用のWordPressのプラグインを作ることもできちゃいます。2016年のCMSマーケットもWordPressの独壇場になることを考えると、PHPは覚えておいて損なしですね!またPHP7も公開されていますが、こちらの評判も上々です。確かに早いですよ。VPSや自サーバーで環境を持っている人なら動かしてみるといいかも。大手レンタルサーバーにPHP7がインストールされる様になるのはいつになるかまだ未定ですが、そろそろだったハズ。ご存知の方いましたら教えて下さいませ。今のうちに触れる様になっておくと良いかも知れませんね!

宣伝

MRAZ GROUPでは「WordPressのカスタマイズ」から「プラグインの作成」を行っております。またWordPressではなくPHPを利用した独自のCMSも製作しております。

困ったことがありましたら気軽に連絡くださいませ。こんなことしたい、あんなことしたいがきっと出来る言語です!

 

トップ2位!JavaScript言語

JavaScript

こちらも人気の言語!プログラミングをしたことない人でも知っている言語なはず!『「Java」と「JavaScript」は違うものだからね』なんて、プログラミング初心者の方にはあるあるな話。スクリプト言語ですから、ウェブには持ってこいの言語なんです。簡単にスクリプト言語について話しておきます。スクリプト言語は、コンパイルが必要なく動作する言語のこと。「ん?コンパイル?」コンパイル=機械語に変換(翻訳)すること。コンパイラ言語とは、動作、実行させる前に「コンパイル作業」をする必要がある言語のことをいいます。

厳密にいうと、スクリプト言語(インタープリタ型スクリプト言語)ももちろんコンパイルしてるのですが、スクリプト言語は読まれた瞬間に都度機械語に変換して動作をさせています。メリットは「書いたら即動く!」「他人がコードを見ても、書いてる内容がひと目でわかる→カスタマイズ楽!」逆にデメリットは、「コンパイラ言語より遅い。」「難読化させるのが一苦労。難読化させたら次カスタマイズ面倒くさい」

そんあ一長一短ですが、やはり、書いたらすぐ動く言語は人気高いですよね。

JavaScriptで何ができるの?大抵のことができます!さっきも言いましたね。JavaScriptがどこらへんで使われているのか。現在のサイトで、使われていない(埋め込まれていない)サイトってほとんど無いんじゃないかと思います。浸透し過ぎて、その有り難みを忘れていまわれかねない言語でもありますね。悲しいことだ…例えば身近なところでいくと、サイトの画像スライダーに利用されていたり、何か動くアニメーションがあったりするとJSが使われている可能性があります。ブログによく貼られている広告も、広告媒体業者が提供しているJavaScriptのコードを貼り付けて表示を切り替えたりしていますね。(アニメーションだけなら、今はCSSだけで実装した方が軽いしいいぞ!という意見もありますね。)

現在、JavaScriptも出来ることが多くなりすぎて、ライブラリができています。それがJquery、最近のサイトなんかは、こぞってJqueryを呼び出してあとはちょっとカスタマイズ。なんて作り方でも結構しっかりしたサイトと機能がつけられます。WordPressでサイト構築して、Jqueryで機能を拡張する。なんて使い方が結構スマートかも。今までJSはフロントサイドの言語と言われていたが、Node.JSが誕生し、JSの活躍の場は更に増している。今からでも是が非でも抑えておきたい言語の一つ。

JavaScriptでしか出来ないことっていうのは無いと思うんですが、それでも読めるようにはなっておいた方が、役にたつこと間違いなし!会出せないほど沢山ありますので、次の機会にでも!

 

トップ1位 Ruby言語

ruby

今やスタートアップ、ベンチャーのデファクト・スタンダード!?大々人気のRuby言語です。何が人気かって一言では言えませんが、とにかく、とっかかりの簡単さは秀逸です。英語できない人でもおそらく触れます。それほど、書く記述が少なくてすむ言語。それは何故か。Ruby開発者はYukihiro Matsumoto氏。まつもとゆきひろ氏。そう、開発者が日本人なのですが、このまつもと氏の思想が、Rubyのコードに如実に現れています。!

「開発効率に注目」していて、「より簡単に」「より効率よく」「より気分よく」開発できることを目指しています。 http://gigazine.net/news/ruby_development_cedec2011/ GIGAZINE 引用 まつもとゆきひろ氏のスピーチより

この考えは、もちろん理想とすることなのですが、やろうとして出来ることではない。やはり天才。絶えず努力も惜しまない人なんだと尊敬します。言語を開発するなんていうのはプログラマーの一つの夢でもありますね。

しかも、日本人だけが使いやすいというわけではなく、実は海外のスタートアップにこそ広く使われている言語でもあるんです。そのきっかけの一つであるのが、Ruby on Railsの生誕。

もともとRuby自体、ウェブサイトやウェブアプリケーションを想定して作っていたものではなく、インタプリタ(評価する)型のスクリプト(コンパイル不要)言語という特徴をもっている通り、アプリケーション開発のハイブリッド版みたいな仕様だった訳です。Ruby言語の簡潔さや書きやすさ、便利さのファンになった有志たちの中で、Rubyはスクリプト言語という事もあり、ウェブ上で動作する様に改良されていった、それが、Ruby on Rails。プログラムを触ったことが無い方でも、Ruby on Railsなら、おそらく学び始めると楽しくなりやすい言語だと思います。

なんせ私がRubyを知人に勧められたのが今年に入ってからでしたが、1週間ほどである程度の事ができる様になりました。例えばMecabという形態素解析の処理ができるものをRubyで行ったり、Rubyをクローラーとしてウェブ上で走らせながらも、同時にウェブ上の情報を書きあつめてきたり(スクレイピング)と、非常に楽しい機能が満載。「楽しく簡単に動く」今後目が離せない言語としてオススメしたいのは、Ruby言語です。

IoT(Internet of Things:モノのインターネット )に対応する言語としても注目されているので、今後の為にも必ず勉強しておきたい言語ですね。それにしてもRubyに似ていると話題の言語が多いですね。宝石から名前をとっているから当然ですが、Elixir(エリクサー)、Crystal(クリスタル)と、なんかRuby周辺はFFの世界観が漂ってるない??と勝手に思ってますw

 

 今回は書けませんでしたが、言語に関する詳しい記述は別記事に致します。

さて、3つの言語を紹介してきましたがいかがでしたか?あなたはこれらの言語は最低限使うことできますでしょうか?言語はソフトやツールとは違い、「ツールやソフトを作る元となる」もの。ソフトみたいに、制限がほとんどありません。

例えば「ウェブサイト作るのはホームページ・ビルダーしか使ったことないから、他では作れません。」「こんな機能実装したいけど、このソフトでは対応していないみたいだから実装無理なんだよね…」なんて嘆く必要もありません。ウェブサイトやサービスを作るのに、「サイト一つに言語は一つまでですよ」なんて制限もありません。いくつもの言語を組み合わせてサイトは出来上がっていますので、自由度は無限大。今後もサイト制作のアプローチは様々広がるでしょうし、その中でも、新たな言語も出てくると思います。(既に言語は細分化すると10,000種類近くあります)

いま、何の言語を勉強したらいいのか。という質問があったので、これらのトップ3を勉強すれば、今後の為にもなるのでは無いかと思い勝手にランキングにして選ばせて頂きました。というか、順位はそれほど関係ないです!もし「この言語は扱えないなー」ってウェブ屋さんは、即覚えてください!覚えなきゃと思った時がスタートです。切磋琢磨して良いサイトを制作していきましょう。

「HTML(HTML5)やCSSは一通り覚えたよー」という方は、プログラミングの世界に足を踏み入れてみることをオススメします。当社スタッフも、1年前まではHTMLやCSSを初めて触ったばかりでしたが、あっと言う間にPHPやJavaScriptを扱えるまでに成長しましたからね。不可能では決してありませんよー!

最近はもっぱらPHPに関する質問が多いです。これもWordPressが浸透しているからでしょうね。あなたも、何か困ってことが有りましたら当社に一度ご連絡下さいませ(^^)

 

それでは今回はこの辺で。事務所向かいの水天宮も完成に近づいてきました。

 水天宮 修復完成までの過程

ぼんど
MRAZ GROUP代表取締役 【2013年】有志のミートアップ、サイト制作受託を開始 【2014年】投資メディアサイトの構築、運営、動画制作の受託 【2015年】法人様、個人事業主様問わずお問い合わせお待ちしております。ムラーズへお気軽にご相談ください!お問い合わせはこちら 【使用言語】PHP , Ruby , JavaScript , HTML5 , CSS3 , その他要望に応じて

この記事をシェアする

  • ぼんど
  • りゅうへい
  • すきゃる
  • わるこま

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">