ウェブコンサル東京|CMSがウェブマーケティングに有利な3つの理由

ウェブコンサルティング東京

CMSがウェブマーケティングで有利なわけとは!?

CMSってなに?

CMSとは「Contents Management System(コンテンツ管理システム)」の略称です。
その名の通り、ウェブサイトのコンテンツを管理するシステムのことです。

ウェブサイトを構築するには、見出し、テキスト、画像、映像などを記述する必要がありますが、
その際、HTMLやCSSなどの言語で作成していきます。レイアウトも装飾も言語を用いて記述していくため、
一定以上の知識が無ければウェブサイトを構築することは難しいと言えます。
しかし、CMSを導入することによって、それらの言語を習得する必要はなく、
直接テキストや画像をはめ込んだり、レイアウトや装飾をしたりすることが出来ます。
つまり、ウェブ担当者でなくとも簡単にウェブページの構築、更新、管理ができるシステムだと言えます。

CMS導入のメリットは何なのか?|ウェブコンサルティングの視点

CMSを導入することによって得られるメリットは数多くあります。

その中でも以下の3点が最大のメリットです。

①更新が簡単&早い!

簡単な作業やブログの更新程度であればHTMLやCSSなどの知識が要らない場合がほとんどです。
いちいち専門家に聞く必要がなくなり、スムーズなサイト更新が毎日可能となります。

②HTMLコーディング上のミスが少ない

HTMLなどを記述しているとどうしても間違いがあります。
しかし、文字の装飾なども直感的にボタンひとつで出来るので、ミス無く綺麗なサイトが出来上がります。

③外注していたコストが減る

自社にウェブ担当者がいない場合、ウェブサイトの管理や更新を外注している企業も多いはずです。
しかし、複雑な知識無しで自社で更新が出来るため、コストがかからなくなります。

また、現在の主流のSEO対策は「被リンクを増やすこと」ではありません。コンテンツを重視して、更新が活発に行われていることにあります。SEO対策をする上で、自社で簡単に更新が出来ると便利ですよね!

※CMSの略称は先に述べた通りであり、「Costが安い」「Missが少ない」「Speedyな更新が可能」の略ではありません(笑)

当社のCMS構築サービスラインナップ

MRAZ GROUPではお客様のニーズを正確に把握し、最適なCMSの導入を提案させて頂きます。

①複数の管理者でご利用したい方、ブログをウェブサイトに実装したい方

ブログ系CMSとして名高い「WordPress」は今や世界のCMSのスタンダードになりつつあります。

このWordPressを導入することによって、簡単にブログの更新が出来るのはもちろんのこと、
WordPressでウェブサイトを構築するだけでSEO対策にもつながります。
(GoogleがWordPressで構築されたウェブサイトをSEOで優遇すると発言している)

②リーズナブルに中小規模サイトを運営したいという方へ

使いやすく安価なCMSを提案させて頂きます。

③部分的にCMSを導入したいという方へ

すでにあるウェブサイトを中心に部分的にCMSを導入したいという方に、
効果的なシステムを導入させて頂きます。
例えば、「トピックス」「新着情報」といった箇所を、更新した際に自動的に配信されるように
カスタマイズすることなどが可能となります。

今やCMSの時代です!CMSを導入することによって、より効果的なウェブマーケティングを実践していきましょう!

ぼんど
MRAZ GROUP代表取締役 【2013年】有志のミートアップ、サイト制作受託を開始 【2014年】投資メディアサイトの構築、運営、動画制作の受託 【2015年】法人様、個人事業主様問わずお問い合わせお待ちしております。ムラーズへお気軽にご相談ください!お問い合わせはこちら 【使用言語】PHP , Ruby , JavaScript , HTML5 , CSS3 , その他要望に応じて

この記事をシェアする

  • ぼんど
  • りゅうへい
  • すきゃる
  • わるこま

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">